泉州水茄子で作る春のカプレーゼ風サラダ辻 庸子シェフのレシピ

お気に入りに追加

泉州水茄子で作る春のカプレーゼ風サラダ

コツ・ポイント

水茄子はアクが少ないので、水にさらす必要はありません。菜の花は茹で時間が長かったり、切ってから茹でてしまうと、ビタミンCが水に溶けだしてしまうのでご注意を。冷やす際も氷水ではなく、冷蔵庫に入れるのが良いでしょう。

3人前/調理時間:約10分
材料・調味料 分量 下準備
泉州水茄子   1本   
トマト   1玉   
モッツァレラチーズ   100g   
オリーブオイル   大さじ1   
岩塩   少々   
菜の花   30g  3分ほど下茹でしておく。 

作り方

  1. 1

    作り方 1

    水茄子・トマト・モッツァレラチーズをスライスする。
    菜の花はサッと茹で、冷やしておき、1cm幅に切る。

  2. 2

    水茄子・トマト・モッツァレラチーズを順に並べていき、オリーブオイルをかけ、岩塩をふる。

  3. 3

    菜の花を上から散らして完成。美容効果の高い茄子・オリーブオイル・トマト・菜の花がたっぷりとれます。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

泉州水茄子で作る春のカプレーゼ風サラダの写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう