シチリア風カポナータ神保 佳永シェフのレシピ

お気に入りに追加

シチリア風カポナータ

コツ・ポイント

とろけるような食感がたまらない、「揚げなすの甘酢煮」です。おばんざい風にたっぷり作って、ガーリックトーストとともに前菜として、また温めて魚料理に添えるのもオススメです。なすは、しっかりアクを抜き、高温でさっと揚げるのがコツ。冷やすと味が濃くなる、という点も覚えておきましょう。

6人分(作りやすい分量)/調理時間:約30分
材料・調味料 分量 下準備
米なす   2本  ピーラーで皮をむき、1cmの角切り 
玉ねぎ  80g(小さ  みじん切り 
セロリ  60g  みじん切り 
グリーンオリーブ   10個  粗みじん切り 
ケーパー   大さじ2   
松の実   大さじ2  フライパンなどでいる 
白ワインヴィネガー   30ml   
トマトソース   150ml  ※ポモドーロを参照 
グラニュー糖   小さじ1/2   
イタリアンパセリ   適量  粗みじん切り 
エクストラバージンオイル   30ml   
揚げ油   適量   
塩   小さじ2~3   
こしょう   少々   

作り方

  1. 1

    なすのアクを抜くため塩をまぶし、季節に応じ10分から1時間ほど放置する(夏のなすにはアクが少なく、冬のなすには多い)。2、3回水洗いして塩を落とし、水気を切る。

  2. 2

    鍋に揚げ油を注いで180~190℃にあたため、なすを素揚げする。高温のため、なすを油に落とすと沈まずにすぐ浮き上がってくる。温度が低いと、なすは油を吸ってしまう

  3. 3

    フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎとセロリをしんなりするまで炒める。つづいてグリーンオリーブ、ケッパー、松の実を加えて軽く混ぜ合わす。

  4. 4

    白ワインヴィネガー、トマトソース、グラニュー糖の順に加え、塩、胡椒で下味をつける。冷やすと塩味が濃く感じられるため、「少し薄いかな」という塩加減にとどめておく。

  5. 5

    素揚げしたなすを入れ、フタをして10分ほど煮込み、粗熱をとる。さらに冷蔵庫で冷やし、味をみて調える。器に盛りつけ、イタリアンパセリと仕上げのオイルをかける。

シチリア風カポナータの写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう