おでん野永 喜三夫シェフのレシピ

お気に入りに追加

おでん

コツ・ポイント

おでんのポイントは味加減。煮汁はまず基本の割合で作ってから、好みの加減に調節してみてください。
また、煮てすぐよりも、いったん冷まして味を含ませた方がおいしくなります。

4人前/調理時間:約60分
材料・調味料 分量 下準備
大根  1/2本  約2cm厚さの輪切りにして皮をむく 
ちくわ   2本  厚めの斜め輪切り 
京がんも   8個  熱湯をまわしかけて油抜き 
さつま揚げ   4枚  熱湯をまわしかけて油抜き 
ゆで卵   4個  殻をむく 
昆布(30センチ長さ)   2枚  水につけてもどし、二等分に切る 
煮汁  
だし汁(昆布のもどし汁を含む)   7カップ   
みりん   大さじ6   
しょうゆ   大さじ3   
薄口しょうゆ   大さじ3   
溶きからし   適量   

作り方

  1. 1

    大根臭さを抜くため、米少々もしくは米ぬか一つまみ(分量外)を加えた水に大根を加え20分ほどゆでて、透き通ったら水で洗う。昆布はひと結びする。

  2. 2

    煮込む鍋に具材を入れ、煮汁の材料をあわせて注ぐ。

  3. 3

    鍋のふたをして強火にかける。煮立ったらあくを除き、弱火にして煮立てずに弱火で約30分煮る。

  4. 4

    大根に煮汁の色がしみ、材料全体に味がなじんだら、いったん火をとめる。このまま1時間から半日くらいおき、さらに味をなじませる。

  5. 5

    食べるときに温めなおし、溶きからしを添える。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

おでんの写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう