さといもの煮ころがし小河 雅司シェフのレシピ

お気に入りに追加

さといもの煮ころがし

コツ・ポイント

コツ・ポイント

里芋を下ゆでするときに米ぬかを加えると、沸点が上がってほっこりと仕上がります。煮汁がなくなるまで詰めるので、調味料は控えめに。里芋は表面を乾かしながら煮ふくめるので、煮汁からでてもかまいません。IHクッキングヒータを使うと鍋底だけが加熱され、鍋肌の調味料を焦がさずに焚けます。

4人前/調理時間:約90分
材料・調味料 分量 下準備
里いも   6個  上下を落とし、いもなりに縦に皮をむき、縦半分に切って面取り 
米ぬか(なくてもよい)   ひとつかみ   
きび砂糖   20g   
濃口しょうゆ   大さじ2   
だし   300cc   
柚子の皮   少々   

作り方

  1. 1

    里いもを下ゆでする。鍋に水、米ぬか、里いもを入れて火にかける。20分ほどゆで、串がとおったら水にさらしてぬめりをとる。水気は軽くぬぐう。

  2. 2

    鍋に里いも、きび砂糖、濃口しょうゆ、だしを入れて火にかける。煮立ったら中火~弱火で1時間以上煮こむ。

  3. 3

    焦げないように時折鍋をゆすり、煮汁がつまってなくなったら完成。器に盛って柚子の皮をふる。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

さといもの煮ころがしの写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう