海老春巻田島 満成シェフのレシピ

お気に入りに追加

海老春巻

コツ・ポイント

海老真丈で使う海老のすり身を使った春巻。
空気をなるべく入れないようにびっちり巻くのがポイントです。

5本分/調理時間:約15分
材料・調味料 分量 下準備
ムキエビ   20個  水で洗って細かくみじん切り、もしくはすり身にします 
長葱   1本  みじん切りにします 
塩、みりん、薄口醤油   各少々  下味をつけるにの使います 
卵   1個   
春巻きの皮  
水溶き小麦粉   大さじ3  30mlくらいの水で小麦粉を溶いておきます 

作り方

  1. 1

    ボールの中にすり身にした海老(水分をよく取ってから)を入れます。
    長葱もさらに加え次に塩、みりん、薄口醤油を入れ、最後につなぎとなる卵も入れます。

  2. 2

    材料を全部入れたらよく混ぜ粘りが出てきたらビニール袋に入れて口を結んで角をハサミでカットして絞り袋を作ります。

  3. 3

    作り方 3

    春巻の皮に水溶小麦粉を流します(黒線)。ディスペンサーに入れて流すと手が汚れません。
    海老のすり身を写真赤線の位置に絞り出します。幅によって太さが変わります。

  4. 4

    手前から奥に向かって海老のすり身を皮で包むように巻いていきます。
    両端を指で押さえてしっかり水溶き小麦粉で止めます。

  5. 5

    160度の油で約3ー4分揚げます。
    揚がったら斜めにカットして好みの野菜等飾って完成です。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

海老春巻の写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう