皮付き豚バラ肉の桜煮 ・・・ガーリックおろしポン酢を添えて武内 剋己シェフのレシピ

お気に入りに追加

皮付き豚バラ肉の桜煮 ・・・ガーリックおろしポン酢を添えて

コツ・ポイント

下処理はお時間のある時にじっくりと取り組んで下さい。桜の葉を使わずに、ハーブ・ウィスキーやブランデー、シェリー酒など応用も利きます。仕上げは気軽に手軽に。仕込みさえしておけば、さっと提供できる一品です。

4人前/調理時間:約10分
材料・調味料 分量 下準備
皮付き豚バラブロック   800g   
ポン酢   200cc   
大根   10cm   
ニンニク   小1片   
彩野菜   適宜  パプリカ、キュウリ、セロリ、牛蒡、大根など 
長ネギ   10cm   
酢橘   2ケ   
辛子   適量   
桜の葉(塩漬け)   1~2枚   
酒   200cc   
野菜屑   適当   
塩   適量   

作り方

  1. 1

    【下処理】豚バラ肉のブロックを大きなひと口大にカットして、油を引かないフライパンで焼き目を付けます。

  2. 2

    【下処理】たっぷりの水に酒を加え、野菜屑を投入したらStep1の肉と桜の葉、塩を加え3時間以上かけて柔らかく煮ます。(桜の葉からも塩分が出るので注意)

  3. 3

    【仕上げ】彩野菜は、スティック状にカットして生食できるものはそのまま、茹でるものは茹でて好みのドレッシング(分量外)で洗っておきます。

  4. 4

    【仕上げ】卸したニンニクと、刻んだ長ネギを加えたポン酢を作ります。

  5. 5

    【仕上げ】彩野菜と肉を盛り付け、酢橘と辛子を天に留めて、ガーリックおろしポン酢を添えたら完成。
    ※調理時間は仕上げの時間のみ。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

皮付き豚バラ肉の桜煮 ・・・ガーリックおろしポン酢を添えての写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう