6~7本分
 調理時間:
約20分
                                                     
材料・調味料 分量 下準備
■ 団子 
上新粉 250g  
熱湯 200cc  
白玉粉 100g  
ぬるま湯 90cc  
■ みたらし餡 
濃口醤油 80cc  
砂糖 120g  
出汁(なければ水でも可) 210cc  
みりん 30cc  
片栗粉 30g  
コツ・ポイント
上新粉に白玉粉を入れることで、程よい柔らかさが加わり食感がよくなります。 上新粉は熱湯で、白玉粉はぬるま湯でそれぞれ捏ねてから合わせましょう。 今回の串に刺す団子の数は京風の5つですが、数はお好みで変えてください。  

Recipe

  1. STEP1

    【団子】上新粉に熱湯を3回に分けていれ、木ベラで混ぜ合わせる。ある程度混ざったら最後に手でまとめるようにこねる。硬さの目安は耳たぶくらい。

  2. STEP2

    次に、白玉粉にぬるま湯を3回に分けて入れ、都度ツブを潰すように手で混ぜ合わせる。硬さの目安は耳たぶくらい。まとまったらStep1の上新粉とよく混ぜ合わせる。

  3. STEP3

    生地の半分くらいをとり直径2cm程の棒状に伸ばし、2cm幅くらいにカットする。そして1個ずつ手のひらで転がして丸く形を整える。

  4. STEP4

    たっぷりのお湯を沸かし、その中に丸めた団子を入れて茹でる。団子が浮き上がってきてから3~4分ほど茹で、芯まで火を通す。

  5. STEP5

    団子が湯だったら氷水にとり、しめる。そして布巾の上にのせて水気をきり、5つずつ串にさしていく。(団子の数は串の長さとお好みで調節)

  6. STEP6

    【みたらし餡】材料を全て鍋に入れてよくかき混ぜる。

  7. STEP7

    沸いてきたら弱火にし、3分ほどよく練る。そうすることでコシがでて、団子に絡みやすくなる。できたら串が入る大きさのバットにいれ、冷やしておく。

  8. STEP8

    【仕上げ】串にさした団子を焼く。七輪がなければ魚焼きグリルやトースターで焼いて焦げ目をつける。

  9. STEP9

    香ばしい色がついたら、みたらし餡をつけて完成。