アボカドと海老のゼリー寄せ〜カプレーゼ仕立て〜坂本 大樹シェフのレシピ

お気に入りに追加

アボカドと海老のゼリー寄せ〜カプレーゼ仕立て〜

コツ・ポイント

ゼラチンを通常よく見るデザートなどのレシピの量よりも多く入れるのがポイントです。
水分が多いものを一緒に固めるためです。

2人前/調理時間:約100分
材料・調味料 分量 下準備
アボカド   4分の1個  1センチくらいにカット 
ボイル海老   4尾  1センチくらいにカット 
モッツァレラチーズ   20グラム  1センチくらいにカット 
コンソメスープ   80グラム  固形の素を水で溶かしたもの 
ゼラチン   10グラム   
仕上げにトマト、バジル、オイル  

作り方

  1. 1

    材料を1センチの角切りにカットしておく。

  2. 2

    コンソメスープを作り、ゼラチンを中に溶かす。
    沸騰してすぐにゼラチンを入れると、熱にそこまで強くなく固まる力が弱くなるので、粗熱を取ってから加えるようにする。

  3. 3

    コンソメスープを常温くらいまで冷ましたら、アボカド、海老、モッツァレラを入れ、型に流し込み冷やし固める。

  4. 4

    固まったらお皿にくり抜き、トマトやバジル、オイルなどで仕上げて完成。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

アボカドと海老のゼリー寄せ〜カプレーゼ仕立て〜の写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう