ナン(フライパンで焼く家庭バージョン)藤井 正樹シェフのレシピ

お気に入りに追加

ナン(フライパンで焼く家庭バージョン)

コツ・ポイント

コツ・ポイント

ナンは、ベーキングパウダーとダヒ(ヨーグルト)で発酵させ、タンドールという土釜で焼いたパンを言い、インドでは本来レストランで食べるものです。
今回は家庭で楽しめる、フライパンで焼くバージョンをご紹介します!
ポイントは、生地をなめらかに練ること。発酵の仕方で風味が変わります。

約11枚/調理時間:約120分
材料・調味料 分量 下準備
強力粉   500g   
塩   5g   
砂糖   8g   
ベーキングパウダー   10g   
サラダ油   適量   
水   120~150ml  固さで加減する 
卵液  
卵  1/2個  といておく 
ダヒ(プレーンヨーグルトで代用可)   25ml   
牛乳  50ml   
サラダ油   20ml   
水   少々   
仕上げ  
バター(あれば、ギー)   適量   

作り方

  1. 1

    作り方 1

    ボウルに卵、ダヒ(またはプレーンヨーグルト)、牛乳、サラダ油を入れてホイッパーでよく混ぜる。そこへ、水を少し入れて混ぜる。白く均等に混ざればOK。

  2. 2

    作り方 2

    別のボウルに強力粉、塩、砂糖、ベーキングパウダーの粉類を入れて混ぜ、卵液の材料をいれる。そこへ水を少しずつ加え、徐々になじませるように混ぜていく。

  3. 3

    作り方 3

    ゆっくりと回すように生地をこねる。水分の加減を見て、足りなければ少し加える。
    ※暑い時期は発酵が早いので、水は少なめ、固めに仕上げる。

  4. 4

    作り方 4

    大体まとまってきたら、手根部で生地を手前から外へぐっと押し出すようにこねたり、パンチで押したりして生地をまとめていく。耳たぶより若干やわらかい程度が目安。

  5. 5

    作り方 5

    生地がまとまったら、表面にサラダ油を塗り、ラップをして乾燥を防ぎ、常温で約1時間ねかせて、発酵させる。

  6. 6

    作り方 6

    発酵したら、1個70gのボールをつくる。表面にサラダ油(適量)をぬり、ラップをして乾燥を防ぎ、常温で約30分ねかせる。

  7. 7

    作り方 7

    生地に打ち粉をする。めん棒を前後に動かし、生地を90度ずつ回転させながら円形に整えていく。厚さが均等になるよう、力の入れすぎに注意。

  8. 8

    作り方 8

    中火でフライパンを空焚きする(油をひかない)。生地を両手でたたくように手で広げたら、温まったフライパンへ入れる。

  9. 9

    作り方 9

    ふたをして、しばらく蒸し焼き状態にする。ふたを開け、焦げ目がついていたらOK。

  10. 10

    作り方 10

    フライパンを火からはずし、焼いていない面を直火であぶり、焦げ目をつける。※上手になるとナンが膨らむ。

  11. 11

    作り方 11

    もう一度フライパンに戻し、かるく焼く。お皿に盛り、表面にバター(またはギー)を塗れば完成。

ナン(フライパンで焼く家庭バージョン)の写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう