幻魚(げんげ)のから揚げ(ノロゲンゲ)高畠 文夫シェフのレシピ

お気に入りに追加

幻魚(げんげ)のから揚げ(ノロゲンゲ)

コツ・ポイント

コツ・ポイント

富山湾で採れる冬が旬の深海魚です。
げんげを二度揚げにすることで、表面はカラッと揚がり、骨まで柔らかくなり、身もほっこりする。調理法としては、他に鍋ものや汁ものに適する。

4人前/調理時間:約20分
材料・調味料 分量 下準備
げんげ   4匹  頭と内臓を取り、体表のぬめりを骨抜きで皮をむくようにして除く 
サラダ油   適量   
合せ粉  
小麦粉   10g   
片栗粉   10g   
仕上げ用  
銀杏   8ヶ  素揚げしておく 
レモン   お好みで   
塩   適量   

作り方

  1. 1

    げんげに、合せ粉を、ハケを使って、まぶしておく。

  2. 2

    180度のサラダ油で揚げる。カラリとさせるために、二度揚げにする。
    ふり塩をする。

  3. 3

    皿にげんげを盛り、素揚げにした銀杏を松葉に刺し、レモンを添える。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

幻魚(げんげ)のから揚げ(ノロゲンゲ)の写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう