銀ダラの粕漬け横須賀 載二シェフのレシピ

お気に入りに追加

銀ダラの粕漬け

コツ・ポイント

コツ・ポイント

最大のポイントは、新鮮な銀ダラを選ぶこと。素材が悪いと仕上がりや味が違ってきます。酒粕だけではなく、2種類の味噌を加えることで、コク、風味、旨味がアップ。砂糖を減らし、代わりにハチミツやメイプルシロップを加えても美味しいです。
※調理時間は、漬け込む時間を除きます。

5人前/調理時間:約20分
材料・調味料 分量 下準備
銀ダラ   5切れ  薄塩をして冷蔵庫で1晩ねかし、余分な水分やくさみをとる 
塩   適量   
粕床  
酒粕(練り粕)   180g   
西京粒味噌   40g   
田舎味噌   20g   
酒   1セキ(18cc)   
みりん   4セキ(72cc)   
砂糖   160g   
添え物  
青菜やたけのこなど   適量   

作り方

  1. 1

    作り方 1

    粕床の材料をよく混ぜ合わせる。

  2. 2

    作り方 2

    容器に粕床を敷き、ガーゼを敷く。その上に銀ダラの切り身を置く。

  3. 3

    作り方 3

    ガーゼを被せた上から粕床をかける。同じようにして5切れ重ねる。ぴっちりラップをし、2~3日冷蔵庫に置く。※両面ガーゼで覆った状態。粕床にどぶ漬けはしない。

  4. 4

    作り方 4

    ガーゼを挟んでいたので、銀ダラを洗う必要はない。紙ペーパー等できれいにふき取り串に刺す。焦げやすいので、弱火で両面をじっくりと焼く。(約10~15分)

  5. 5

    作り方 5

    味付けした魚は、家庭では魚グリルよりフライパンで、くっつかないシートを敷いて焼き目を付けてから、シートを外し水を少々はって蒸し焼きしたほうがふっくら仕上がる。

  6. 6

    作り方 6

    皿に盛り、彩り(青菜やたけのこなど)を添えて完成。
    ※漬けた銀ダラは、粕床から取り出しぴっちりラップをし、冷凍も可能。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

銀ダラの粕漬けの写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう