なすの田楽 鶏そぼろ味噌焼小室 光博シェフのレシピ

お気に入りに追加

なすの田楽 鶏そぼろ味噌焼

コツ・ポイント

淡白ななすは、その持ち味を引き出すため高温の油で揚げ焼きし、水分を保ちながら美しいなす紺を引き出します。七割方火が通ったら取り出し、白味噌や練りごまで炊いた肉味噌を塗ってオーブントースターで表面を焼き上げます。
仕上げに青柚子の皮を散らすと香りよい夏の一品になります。

2人前/調理時間:約20分
材料・調味料 分量 下準備
なす   4本  たて半分に切り、皮目に4~5mm間隔の鹿の子切りにする 
米油またはサラダ油   適量  フライパンの底がかぶる程度 
鶏そぼろ味噌(作りやすい量)  
鶏ひき肉   50g   
酒   50g   
西京白みそ(漉し)   200g  信州みそでも可。味をみて甘さを整える 
練りごま   10g  5gほど多めに入れてもおいしい 
みりん   50g   
生姜   5g  すりおろす 
仕上げ  
青柚子   1個  ※みょうがや大葉など、夏の薬味も合う 

作り方

  1. 1

    作り方 1

    【鶏そぼろ味噌】鍋に鶏ひき肉と酒を入れ弱火にかけ、3本の箸でかき混ぜてほぐし、鶏肉をパラリとさせる。

  2. 2

    作り方 2

    その鍋に西京白みそ、練りごま、みりんを入れて混ぜる。火加減を弱~中火とする。※火にかけている間は焦げやすいので、手を休ませず混ぜ続けること。

  3. 3

    作り方 3

    全体が馴染んだらへらに持ち替え、焦げないように鍋の底からすくうように混ぜる。沸いたら弱火に調整。かたさが元の味噌程になったら、最後に生姜を入れる。

  4. 4

    作り方 4

    【なす】フライパンに油をうすく入れ180℃に熱し、まずなすの断面を2~3分揚げ焼きする。裏返して皮目も軽く焼く。ここで七割方火を通す。

  5. 5

    作り方 5

    揚げ焼きしたなすをオーブンシートを敷いた上に並べ、断面にみそをたっぷりのせ、へらで全体に塗る。

  6. 6

    作り方 6

    250℃のオーブンで7~8分焼き、表面に焼き色をつける。※家庭のオーブンにより調整を。
    器に盛り、おろし柚子をふって完成。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

なすの田楽 鶏そぼろ味噌焼の写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう