参鶏湯(サムゲタン)柳 香姫シェフのレシピ

お気に入りに追加

参鶏湯(サムゲタン)

コツ・ポイント

コツ・ポイント

韓国では、参鶏湯を薬膳食として病気になったときなど元気をつけたいときに食します。
鶏の中をしっかりと洗い、血などが残らないようにするのがポイント。具材をきちんと詰め、こぼれ出ないようにしましょう。
調理時は味付けをせず、食べる時に岩塩をつけていただく料理です。

1人前/調理時間:約80分
材料・調味料 分量 下準備
ひな鶏   小1羽(約600g)  中を水洗いし、血などを取り除く※鶏肉専門店にある 
もち米   大さじ2~3  洗って水に20分浸しておく 
朝鮮人参   2本  鶏に入る大きさにカット 
にんにく  2片  皮をむく 
なつめ(乾燥)   2個   
生栗(茹で栗、冷凍栗でも可)   2個  渋皮をむいておく※手に入らなければ、なつめを多めに入れる 
水   1.5リットル   
仕上げ  
万能ねぎ   適量  小口切り 
岩塩   適量   

作り方

  1. 1

    作り方 1

    鶏の中に、もち米・にんにく・なつめ・生栗・朝鮮人参を詰める。※こぼれないようにきっちり詰める。

  2. 2

    作り方 2

    腹側を上にして、片方の足の少し下辺りに切り目を入れる。

  3. 3

    作り方 3

    穴を開けた側の足を中身が出ないよう降ろし、もう一方の足を組むように上に交差させ、STEP2の切り目に差し込む。
    そして手羽の先端を切り落とす。

  4. 4

    作り方 4

    深さのある小鍋に鶏と水を入れ強火にかけ、沸騰したら中火にする。アクを取りながらふたをして約1時間弱火で煮る。万能ねぎをのせて完成。

  5. 5

    作り方 5

    サーブする時、岩塩を添える。好みで味を調節しながらいただく。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

参鶏湯(サムゲタン)の写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう