大根の葉の炒め物鈴木 好次シェフのレシピ

お気に入りに追加

大根の葉の炒め物

コツ・ポイント

大根の葉は水洗いしないことで日持ちが良くなります。また、炒める時に鍋の底が焦げる程度までよく炒めると、水分がとび、ふりかけのようなパラパラ感を出すことが出来ます。

6~8人前/調理時間:約90分
材料・調味料 分量 下準備
大根の葉   大根1本分   
桜えび   10g   
じゃこ   20g   
鷹の爪   少々   
煎り胡麻(白)   大さじ2   
胡麻油   大さじ2   
塩   大さじ3   
重曹   少々   
調味料  
薄口醤油   20cc   
みりん   20cc   
酒   10cc   

作り方

  1. 1

    鍋にたっぷりの水を沸かし、沸騰したら塩(大さじ1)、重曹を入れ、大根の葉を3分程茹でる。
    ※重曹は入れすぎるとドロドロになるので注意。

  2. 2

    茹でた大根の葉を冷水につけて2~3分置く。ザルに上げて水を切り、全体に塩(大さじ2)をふり、1時間置く。

  3. 3

    大根の葉をみじん切りにし、ふきんにくるみ、まな板の上でしっかり揉んで絞り、水分を抜く。

  4. 4

    鍋に胡麻油を入れ、桜えび、じゃこを軽く炒める。その中に絞った大根の葉を入れて、さらに炒める。

  5. 5

    調味料を加え、2~3分炒める。最後に鷹の爪と煎り胡麻を入れ、からめて完成。

  6. 6

    ※本メニューは「平成28年度袖ケ浦商品開発プロモーション」にて考案したメニューです。
    袖ケ浦産品を使用したメニューとなっております。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

大根の葉の炒め物の写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう