手打ち生パスタ“ほうれん草のフェットチーネ” ボスカイオーラ東條 吉輝シェフのレシピ

お気に入りに追加

手打ち生パスタ“ほうれん草のフェットチーネ” ボスカイオーラ

コツ・ポイント

コツ・ポイント

ボスカイオーラとは、”木こり風”という意味で、昔は山にいる鶏肉ときのことトマトが具材でしたが、今はツナを使う料理に。きのこはお好みのもので。
パスタはセモリナ粉を使わず、家庭でも作りやすい強力粉で。もちもちで美味しいですよ。
※調理時間に生地を休ませる時間は含みません。

2人前/調理時間:約40分
材料・調味料 分量 下準備
手打ちフェットチーネ  
強力粉   300g   
ほうれん草  65g  サッと茹でて冷水にとり、水気を絞っておく 
卵    1ヶ   
オリーブオイル   10cc   
ソース  
トマトホール缶   240g  ミキサーで回すなどしてつぶしておく 
ツナ   90g   
舞茸  100g  ほぐしておく 
しめじ  100g  ほぐしておく 
ドライポルチーニ   10g  ポルチーニがかぶるくらいの水で戻しておく 
玉ねぎ  40g  粗めのみじん切り 
ニンニク  1片  包丁の腹でつぶす 
松の実   10g   
オリーブオイル   40cc   
パルミジャーノ   6g   
塩   適量   
打ち粉用強力粉   適量   

作り方

  1. 1

    作り方 1

    【フェットチーネ】下茹でしたほうれん草を適当な大きさにカットして、卵、オリーブオイルとミキサーにかける。ペースト状になるまで、しっかりと回すこと。

  2. 2

    作り方 2

    ボウルに粉とほうれん草のペーストを加え、手で捏ねる。途中指についた生地をとりながら捏ねる。もし水分が足りないようであれば少量の水を足してもよい。

  3. 3

    作り方 3

    体重をかけるようにして生地を捏ね、まとまったらラップで乾燥しないように包んで常温で1時間以上置いておく。

  4. 4

    作り方 4

    寝かした生地に少量の打ち粉をし、手で潰して平らにし、パスタマシンにかける。
    ※最初は一番厚みのあるメモリから。段階的に幅を狭めながら伸ばす作業を数回繰り返す。

  5. 5

    作り方 5

    一番下の薄いメモリで伸ばし、パスタが薄く帯状になったら、パスタマシンに入る幅に合わせて折りたたむ。

  6. 6

    作り方 6

    生地を90度回転させ、再度、厚みのある大きなメモリからスタートして伸ばしていく。

  7. 7

    作り方 7

    この作業を3~4回繰り返すことで、パスタにコシが生まれる。最後は一番下の薄いメモリで伸ばし、パスタを薄く帯状に仕上げる。

  8. 8

    作り方 8

    手触りが最初はざらざらしていたものが、すべすべになったら完了。

  9. 9

    作り方 9

    伸ばした生地に打ち粉をして、乾燥パスタ程度の長さの幅でカットする。

  10. 10

    作り方 10

    生地を3枚重ね、短い片を手前にもってきて、切りやすいように4回ほどくるくると折る。

  11. 11

    作り方 11

    1cm幅にカットしていく。

  12. 12

    作り方 12

    麺をほぐし、くっつかないように打ち粉をまぶす。1人前100g~110gくらいに分けておく。※この状態でタッパーに入れ冷蔵なら3日、冷凍なら1ヶ月ほど保存できる。

  13. 13

    作り方 13

    【ソース】フライパンにオリーブ油とニンニクを入れて火にかけ、ニンニクの香りを出す。

  14. 14

    作り方 14

    しめじ、舞茸、玉ねぎを加えて炒め、塩で下味をつけておく。

  15. 15

    作り方 15

    しんなりしてきたら、ホールトマト缶、松の実、戻したポルチーニと戻し汁の半量、ツナを加え、中火で軽く煮込む。

  16. 16

    作り方 16

    鍋に湯を沸かし、2%の塩を加えて、パスタを1~2分ほど茹でる。茹であがったパスタをソースに加える。

  17. 17

    作り方 17

    パスタをソースと絡め、水分が足りないようであればパスタの茹で汁を加える。味をみて塩で調整する。
    皿に盛り付け、パルミジャーノチーズをかけて完成。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

手打ち生パスタ“ほうれん草のフェットチーネ” ボスカイオーラの写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう