サワラの蕪蒸し松尾 雄二シェフのレシピ

お気に入りに追加

サワラの蕪蒸し

コツ・ポイント

お吸い物には甘みをつけないのが“つく田”流。甘い調味料は一切不要です。
魚は鰆のほか、甘鯛なども合います。皮があるほうがおいしいでしょう。
蕪は雑味がでないように皮を剥きます。
自然薯が手に入らないときは、大和芋で代用を。

2人前/調理時間:約25分
材料・調味料 分量 下準備
サワラの切り身   2切れ  皮だけに焼き目をつける 
蕪   1ヶ  皮を剥いておく 
卵白   1/2ヶ  ほぐす 
自然薯(または大和芋)   大さじ1  すりおろす 
銀あん  
だし   200cc~   
酒   5cc   
薄口醤油   少々   
塩   少々   
水溶き片栗粉   大さじ1~   
盛り付け  
わさび   お好みで   

作り方

  1. 1

    蕪をすりおろし、卵白と自然薯とあわせ、混ぜる。

  2. 2

    皮目だけ焼き目をつけたサワラの切り身を耐熱用器に盛り、Step1を上からかける。

  3. 3

    蒸し器で10分~15分ほど蒸す。

  4. 4

    【銀あん】
    水溶き片栗粉以外の材料を鍋に入れひと煮立ちさせる。
    その後水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。

  5. 5

    Step3に銀あんをかけ、最後にわさびを添えれば完成。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

サワラの蕪蒸しの写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう