鯖の幽庵焼奥田 透シェフのレシピ

お気に入りに追加

鯖の幽庵焼

コツ・ポイント

皮目に均等な切り目を入れておくとたれが中まで入り、焼き上がりがきれいに仕上がります。
八分ほど焼けたら弱火にし、3~4回に分けて刷毛でたれを塗ることで、皮をパリッと香ばしく焼き上げ、照りを出します。

2人前/調理時間:約25分
材料・調味料 分量 下準備
鯖の切り身(鰤、鰆、金目鯛などでも可)   70g×2枚  水分をふき、たれが入りやすいように3mm程度の切れ目を入れる 
サラダ油   少量   
幽庵焼のたれ  
みりん   150cc   
醤油   100cc   

作り方

  1. 1

    みりんと醤油を合わせ、たれを作る。仕上げの塗り用に少し取り分けておく。

  2. 2

    作り方 2

    小さめのバットにたれを入れ、鯖を入れる。ペーパータオルを上からまんべんなくかぶせ、10~15分漬ける。

  3. 3

    鯖がくっつかないように、両面焼きグリルの焼き網にサラダ油を塗り、予熱しておく。

  4. 4

    たれからひきあげ、ペーパータオルで汁気をきった鯖を、皮目を上にして網にのせ、中火で焼く。

  5. 5

    作り方 5

    8分通り焼けたら弱火にし、取り分けたたれを刷毛で皮目に塗りながら、さらに焼いていく。乾いたらたれを塗る、この作業を3〜4回繰り返し、表面にテリを出す。

  6. 6

    おいしそうに焼き目とテリが表面に出たら焼き上がり。※鯖は脂がもともと少ないので、火の通りすぎでパサつかないように注意。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

鯖の幽庵焼の写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう