金目鯛の煮付け辻 昌也シェフのレシピ

お気に入りに追加

金目鯛の煮付け

コツ・ポイント

コツ・ポイント

切り身に薄く塩を当てることで、魚の臭みを出すとともに下味をつけます。
そして湯霜をすることで皮目のぬめりをとり、仕上がりがきれいになります。
砂糖は一気に入れてしまうと身が締まるので、2回に分けて。
濃い目の合わせ調味料で短時間で煮上げ、魚の旨味を逃さないように仕上げましょう。

3人前/調理時間:約15分
材料・調味料 分量 下準備
金目鯛の切り身   40g×3切れ  軽く塩を当て15分置く※さばき方は「金目鯛の三枚おろし」参照 
生姜のスライス   3枚   
合わせ調味料  
濃口醤油   20cc   
酒   45cc   
水   90cc   
砂糖   20g   
仕上げ  
木の芽   5枚   
生姜  適量  針生姜にし、水にさらしておく 

作り方

  1. 1

    作り方 1

    塩を当てた金目鯛を皮目を上にして並べ、熱湯をかけて湯霜する。臭みがとれ、仕上がりも美しくなる。

  2. 2

    作り方 2

    氷水に落とし、取りきれていないウロコを掃除する。
    布巾で水分をふき取っておく。

  3. 3

    作り方 3

    砂糖の半量と醤油、酒、水を鍋に入れて火にかける。沸いたらスライスした生姜と金目鯛を入れ、落としぶたをして中火で6分煮る。

  4. 4

    作り方 4

    残りの砂糖を加え、仕上げに煮汁をかけながら煮て、ツヤを出す。

  5. 5

    器に盛りつけ、針生姜と木の芽をのせて完成。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

金目鯛の煮付けの写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう