天丼秋山 能久シェフのレシピ

天丼

コツ・ポイント

※具材は汚れをふき取るだけで洗いません。余計な水分を含ませないため。
※てんぷら粉用の卵は、ほぐしたときにでる泡をすくい取ります。気泡があるとムラができます。
※油に入れたら、表面が固くなるまで箸で触らないこと。

1人前 / 調理時間:約20分
材料・調味料 分量 下準備
■天丼の具材    
車海老  2本   
南瓜  2切れ  スライス 
獅子唐(ししとう)  2本   
蓮根  2切れ  水にさらし、よく水分をふきとる 
■天丼のたれ(作りやすい量)    
鰹出汁  150cc   
濃口醤油  大さじ3   
みりん  大さじ1   
砂糖  大さじ2   
■天ぷら粉    
冷水  200cc  冷水:薄力粉=1:1 
薄力粉  200g  ふるいにかけておく 
卵  1個  ときほぐす 

作り方

  1. 1

    【天丼のたれ】調味料を火にかけ、弱火で5~6分煮詰める。
    ※煮詰めるほどコクがでるので好みで調整してください。

  2. 2

    【天ぷらの衣】冷水に全卵を入れ混ぜ合わせ、泡をすくい取る。振るいにかけた薄力粉に少しずつ混ぜ合わせる。ダマができないよう、さっくりと。

  3. 3

    天丼の具材に薄く薄力粉をまぶし、Step2の衣にサッとくぐらせ、180℃に熱した油に静かに入れる。※表面が固くなるまで箸で触らない事。

  4. 4

    ご飯を丼に盛り、天ぷらをのせ、熱いうちに天丼のたれをかける。

シェフごはんで作った料理を「SnapDish」で共有しよう!

専用アプリで自分だけの料理&レシピのフォトアルバムをみんなとシェアして、お料理をもっと楽しく。

⇒SnapDishについてもっと詳しく