鹹豆漿(シェントウジャン) 中国の朝ごはん豆乳スープ井桁 良樹シェフのレシピ

お気に入りに追加

鹹豆漿(シェントウジャン) 中国の朝ごはん豆乳スープ

コツ・ポイント

中国で朝食に好まれる豆乳スープ。
黒酢の力で豆乳を半凝固させるには、温める際に沸騰させないこと。
豆乳の回りがぷつぷつと泡立ってきたら適温です。

1人前/調理時間:約10分
材料・調味料 分量 下準備
無調整豆乳   200ml   
調味料  
榨菜(ザーサイ)   小さじ1  みじん切りし、3~4分水につけて水けをきって塩気を調整する 
薄口醤油   小さじ2   
黒酢   小さじ1と1/2   
ネギ  大さじ1/2  みじん切り 
トッピング  
ラー油   小さじ1   
桜海老   適量  弱火で軽く乾煎りしておく 
香菜   適量  ちぎっておく 
揚げ大豆   適量  ※そのまま食べられる節分豆と同様の大豆を用意 

作り方

  1. 1

    器に塩気を抜いたザーサイと薄口醤油、黒酢、ねぎを入れておく。

  2. 2

    フライパンに豆乳を入れ、沸騰しずぎないように弱火で温め、90℃ぐらいに温まったら火からおろす。

  3. 3

    Step1の器に、温めた豆乳を静かに流し入れる。

  4. 4

    豆乳がふわふわに固まってきたら、ラー油を回しかけ、桜海老、香菜、揚げ大豆をトッピングして完成。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

鹹豆漿(シェントウジャン) 中国の朝ごはん豆乳スープの写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう