中華ちまき(粽子)服部 暁彦シェフのレシピ

お気に入りに追加

中華ちまき(粽子)

コツ・ポイント

コツ・ポイント

中国の風習が伝わり、日本でも子供の日の食べ物となった一品。
今回は台湾北部の、具材たっぷりで味が濃い目のちまきの作り方をご紹介。
もち米は4~5時間水に浸水させましょう。
具材は味付きの角煮、うずらの卵、チャーシュー、銀杏、栗等も合う。
※調理時間にもち米の浸水時間は含みません。

10個分/調理時間:約60分
材料・調味料 分量 下準備
もち米   300g  研いでから4~5時間浸水させる 
干し海老(水で戻したもの)   15g  粗めのみじん切り ※戻し汁はとっておく 
玉ねぎ  50g  粗めのみじん切り 
ラード   小さじ2  ※コク増しに利用 
もち米用調味料  
干し海老の戻し汁   合計150cc  ※チキンスープと合わせて150cc 
チキンスープ   合計150cc   
醤油   大さじ1   
紹興酒   大さじ1   
オイスターソース   大さじ1   
塩   小さじ1/2   
砂糖   小さじ1と1/2   
具材の煮汁   50cc   
具材  
干し椎茸(水で戻したもの)   35g  1cm角に切る 
ベーコン  115g  1cm角に切る 
水   200cc   
醤油   大さじ1   
紹興酒   大さじ1   
オイスターソース   大さじ1/2   
砂糖   大さじ1/2   
八角   1個   
仕上げ用  
竹の皮   10枚  水に浸し柔らかく戻して水気をふき取っておく 

作り方

  1. 1

    作り方 1

    もち米は芯が残りやすいので4~5時間しっかりと浸水させ、ザルにあげて30分ほど水分をきる。
    ※水をきることで、炊き上がりがやわらかすぎにならない。

  2. 2

    作り方 2

    鍋に具材用の調味料を全て入れて火にかける。沸いたら干し椎茸を加えて5分ほど煮る。

  3. 3

    作り方 3

    椎茸の味がしっかりでた後に、ベーコンを加えて3分ほど煮る。

  4. 4

    作り方 4

    汁ごとボウルに移して自然に冷ます。
    ※加熱しすぎると味が出すぎるので、余熱でゆっくり具材に味を入れる。

  5. 5

    作り方 5

    フライパンにラードを入れ、玉ねぎを焦がさないように中火でじっくりと炒める。

  6. 6

    作り方 6

    たまねぎ全体が茶色になってきたら、干し海老ともち米を加え、強火にし、煽りながら炒め合わせる。

  7. 7

    作り方 7

    米全体が油で覆われ、ツヤが出てきたら、合わせておいたもち米用調味料を、鍋肌から回し入れる。満遍なく吸わせるように全体を大きく混ぜる。

  8. 8

    作り方 8

    ある程度調味料を吸ったら、全体を大きく、5分ほど手早くかき混ぜながら炒めあげる。

  9. 9

    作り方 9

    汁気がなくなり、パチパチと焼ける音が聞こえたらOK。バットに移して常温で荒熱が取れるまで常温で冷ます。

  10. 10

    作り方 10

    竹の皮に、もち米→具材→もち米の順に詰め、ひも状の竹の皮かタコ糸で縛る。
    ※詳細は「中華ちまきの包み方」を参照。竹の皮がない場合はアルミホイルで代用可。

  11. 11

    作り方 11

    蒸気のあがる蒸し器に入れ、約25分間強火で蒸して完成。
    ※冷蔵で2~3日持ちます。蒸しあがったものを冷凍保存も可能。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

中華ちまき(粽子)の写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう