栗栖 熊三郎 シェフ

お気に入りに追加

栗栖 熊三郎 シェフ

1928年に創業。京料理界で数々の実績を残した初代祖父の後を私が継ぐ決意をしたのは同志社大学在学中のこと。初代が亡くなったことがきっかけです。学業の傍ら家業に携わるため茶道表千家宗匠 菅田健三氏に入門し、茶懐石から学びました。卒業後、本格的に初代のスピリットを守りたい、その一心で料理と経営に専念。1991年、熊三郎を襲名しました。
茶道、華道、書道、謡いの稽古にも励み、37~8歳で料理としつらえをテーマに随筆も記した自著「花宴 京料理 たん熊本家」(柴田書店)を出版。名誉ある賞をいただいた後も、初代伝来の京料理を深めていくことを生涯の仕事とし、精進し続けております。

  • facebookにシェア
  • ツイートする
  • googleplus
  • はてなブックマークに追加

レシピ( 1-2件 / 2件 )