しろ菜と桜鯛の骨蒸し加賀田 正貴シェフのレシピ

お気に入りに追加

しろ菜と桜鯛の骨蒸し

コツ・ポイント

鯛のアラはあらかじめ熱湯をかけて鱗を取っておきます。
お酒が苦手の方はお酒の割合を加減してくだい。
魚臭いのが苦手な方は柑橘類を多めに絞るか、ネギ・生姜の薬味を増やしてください。
しろ菜がない場合はホウレンソウや菜の花・白菜でも代替え可能です。
くずきりは春雨でも可です。

1人前/調理時間:約10分
材料・調味料 分量 下準備
鯛の頭   半身、約100g  ウロコを取っておく 
しろ菜   100g   
くずきり   100g   
だし汁   80cc  水80ccにほんだしを少々溶いたもの 
酒   80cc   
こぶ茶   小さじ1   
レモン   1片   
ポン酢   適量   
ねぎ   適量   
七味   適量   

作り方

  1. 1

    お皿にくずきりを敷く。
    そのまわりに5cm程度に刻んだしろ菜を敷く。

  2. 2

    くずきりの上(お皿の中央)に鯛の頭を置く。

  3. 3

    だし汁と酒を入れる。
    こぶ茶を全体にふりかける。

  4. 4

    上記をラップで覆ってレンジで5分加熱する。

  5. 5

    ラップをはずしてレモンを添える。
    ポン酢と薬味(ネギ・七味)を添えて出来上がり!

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

しろ菜と桜鯛の骨蒸しの写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう