基本のパスタレシピ

  • facebookにシェア
  • ツイートする
  • googleplus
  • はてなブックマークに追加
パスタとソースの関係  岡村光晃 トラットリア ケ パッキア

パスタとソースの相性には、理由がある。

Point1.たっぷりのお湯でしっかり塩を入れる

塩を吸ってくれたパスタにはソースがのります。茹でる工程でパスタに塩分をいれましょう。

Point2.ソースは少し多めに作る

ソースが足りないからといって、ゆで汁やオイルをたすと、水っぽくなったり油っぽくなったりします。
トマトソースなどはたっぷり作って。残ったら冷凍保存すればいいので。

Point3.食べ終わった時に、お皿にソースが残らないのがイタリア流

日本人はソースが多めを好みますが、パスタとソースが同時に食べ終わる量を意識して。
大事なのは、パスタとソースのバランスです。

傾向として、太めのパスタには風味の強いソースが合い、細めのパスタにはサッパリ、サラッとしたソースが合います。

パスタの種類 ソース

太いロングパスタ
スパゲッティ、ブカティーニ等

太いショートパスタ
カサレッチェ、リガトーニ等

  • トマト系
  • バター系
  • クリーム系
  • お肉系

平打ち面
タリアッテレ、フェットチーネ、トンナレッチ、リングイネ等

  • クリーム系
  • トマト系
  • 魚介系

細いロングパスタ
スパゲッティーニ、フェデリーニ、カッペリーニ等

  • オリーブオイル系
  • 野菜系

シェフの一言

シェフの一言

お好みの味を何度も何度も作って、何度も何度も食べてほしい。
自分にとってのバランスをつかんでください。

シェフ詳細を見る