最中を使ったカナッペ加山 賢太シェフのレシピ

お気に入りに追加

最中を使ったカナッペ

コツ・ポイント

軽い食感がクラッカーよりも食べやすく、どんなトッピングとも相性の良い最中を使用。
最中の皮は水分を含むと湿気やすく、食感が変わってしまうので、水気の多い具材は避けましょう。
あらかじめ調理した具材を、食べる直前にトッピングして仕上げ、できたてを食べてもらうのがベストです。

4人前/調理時間:約30分
材料・調味料 分量 下準備
最中   12組   
焼き茄子のピューレと雲丹最中  
長茄子   3本   
塩   1つまみ   
雲丹   適量   
フルール・ド・セル、花穂   少々   
キャビア最中  
卵  1個   
玉ねぎ  1/4個   
塩   少々   
サワークリーム   適量   
シブレット(あさつき)   適量  細かい小口切り 
キャビア   40g   
桃   適量  5mm角に切る 
カプレーゼ最中  
アメーラトマト   2個  皮を湯むきし半分に切り種を抜き、5mm角切り 
モッツァレラチーズ   1個  5mm角に切る 
黒オリーブ   少々  種をとり、5mm角に切る 
タイム   適量   
シェリービネガー   少々   
バジル   適量   
オリーブオイル   少々   
にんにく  適量   
塩   少々   
フルール・ド・セル   少々   

作り方

  1. 1

    【長茄子のピューレと雲丹最中】長茄子を直火にかけ、しっかり皮を焦がしながら火を入れる。火が入ったら熱いうちに皮を剥き、みじん切りにしておく。

  2. 2

    鍋にオリーブオイルをひき、火にかけてから長茄子と一摘みの塩を加え、ゆっくりと煮詰めて味を凝縮させる。煮詰まったらバットに広げて冷ましておく。

  3. 3

    食べる寸前、最中の皮に長ナスのピューレを塗り、その上に雲丹を乗せ、フルール・ド・セルを味のアクセント程度に乗せ、花穂を飾る。

  4. 4

    【キャビア最中】ゆで卵を作る。鍋に水と卵を入れ火にかけ、沸いたら10分間茹でる。その後氷水で充分冷やし、殻をむく。みじん切りにしておく。

  5. 5

    玉ねぎはみじん切りにして塩で揉み、5分間程度水にさらして辛味を取り、しっかりと水気を切っておく。

  6. 6

    食べる直前、最中の皮にサワークリームを塗り、ゆで卵、玉ねぎ、桃、シブレット(あさつき)を適量乗せ、その上にキャビアをたっぷりと乗せる。

  7. 7

    【カプレーゼ最中】アメーラトマトをボウルに入れタイムの葉、シェリービネガー、オリーブオイル、塩でマリネしておく。

  8. 8

    バジルの葉、ニンニクをまな板に乗せ、オリーブオイルをかけ、細かくみじん切りにしてバジルオイルを作っておく。

  9. 9

    食べる寸前、最中の皮に角切りのアメーラトマト、モッツァレラチーズ、黒オリーブを盛り最後にバジルオイルをかけ、フルール・ド・セルをひとふりして仕上げる。

このレシピのおいしかった!

投稿がまだありません。
おいしかった!を写真でシェアしよう。

写真を投稿する

最中を使ったカナッペの写真を投稿する

おいしかった!を写真でシェアしよう